色778

不思議なものを追いかける/らせんの宿、phantom twins

自衛隊員も目撃していたUFO!

元自衛隊空将・南西航空混成団司令の佐藤守さんという方がいます。
軍事評論家としてテレビ出演もされているので、知ってる人もいるかもしれません。

その佐藤さんですが、実はUFO関連の著書を出版してたりもします。

パイロットとして司令として経歴を積んだ方の証言なので、こういう方のUFO話には説得力がある。

T-2Training_aircraft01.jpg
T-2練習機。画像はWikipediaより

1983年、T-2練習機に乗った二人の自衛官が牡鹿半島に向けて帰投中、葉巻型の物体を目撃しました。
その空域は民間航空機の航空路だったので、最初は民間機かと思ったらしいのですが、飛行物体には翼がない。

しかも飛行物体は奇妙に変則飛行をしている。

異常は次の瞬間に訪れました。

内側のスポイラー(操舵翼面)と外側のスポイラーの作動が不可能になり、コントロールに異常が発生したのです。

二人は焦ります。が、電気系統と操舵系統のトラブルに追われている間に飛行物体は去り、不思議なことにそれと同時に機体は正常に戻りました。


パイロットは飛行中に起きたいかなるトラブルも整備員に説明しなければいけない。帰投後、状況を説明された整備員が機体を点検したところ、どこにも異常は見当たらない。
そこで再点検のためにパイロットの一人が再び飛び立ちました。(もう一人のパイロットは学生訓練のために参加できず)

するとまたもや葉巻型の物体に遭遇したのです。しかも前回と同じ機体異常が発生し、物体がいなくなると機体が正常に戻る。

ごく自然な考えとして、パイロットは葉巻型物体との遭遇が機体異常に関係していると報告し、整備記録に記入しました。

整備側としては困ったことになりました。機体に異常がない以上、パイロットの報告を疑うしかない。結局「パイロットが虚偽の発言をしている」という結論をだしたのです。
そう言われてもパイロット側も事実をなかったことにはできない。機体の不具合をなかったことにしてしまったら、同僚の誰かが同じ機体に乗ったとき異常に巻き込まれてしまう恐れがあるからです。
この問題は航空団内部を超えて、航空幕僚監部を巻き込む大問題に発展しました。

トラブルが起きたT-2練習機の改造機にあたるF-1支援戦闘機は全国に配備されていて、しかもF-1支援戦闘機は国産機です。もしも機体に異常が見つかったならメーカーを巻き込んだ一大事となり、その点検にかかる費用は莫大なものとなります。

そこで航空幕僚監部の担当幕僚は、司令部に二人のパイロットを呼び出し、指導によって問題の解決を図ろうとしました。二人のパイロットは油を絞られ、一切の他言無用を言い渡されたのです。
『自衛隊隊員が接近遭遇したUFO』より。


この一件は当時の松島基地では有名なUFO騒動だったらしいです。

こういうことがあるんですねえ。

民間機でもUFOを見たなんていうと精神異常を疑われ、地上勤務に変えられるという話を聞くし、仮に目撃したとしても見なかったことにするしかないのでしょうか。
不確かな宇宙人像が広まったために、一番迷惑を蒙ってそうなのが、現場のパイロットのような気がします。宇宙人でなくとも未確認飛行物体という本来の意味でのUFOなら、空で見かけても全然おかしくはないのに。米国なんてそれこそ詳細な記録を取ってます。

a32b4aad48dcd1a7f257cfffded112ed_s.jpg

ステルス機、衛星、渡り鳥、ドローン、高高度気象観測用の気球、積乱雲、逆光を浴びた航空機等々、UFO(宇宙人の乗り物)と見間違えやすいものは確かにあります。

でも訓練を受けたパイロットがそうそう安易に謎の飛行物体という結論は出さない。これは佐藤守さんも断言しています。
適性検査をくぐり抜け、その後も論理的な思考をするよう様々なテストを受けた人たちですから。

この事件は誰も嘘をついていないからこそ、未知の現象を突きつけられた一件という気がします。
UFOを空の現象として調査する気風が高まればいいですね。


  1. 2017/09/18(月) 18:10:27|
  2. オカルト

ツチノコの正体はヘビ?トカゲ?それとも……

今回はツチノコです。
ツチノコとはこんな姿の生き物です。

Tsuchinoko_photo_01.jpg
画像はWikipediaより

UMA(未確認生物)であり、妖怪(後述)でもあるという二つの属性をそなえています。妖怪でも目撃例があれば未確認生物に含まれるので、河童や人魚も同様です。

1970年代、各地でツチノコの目撃情報が相次ぎ、一大ブームを巻き起こしました。地元をPRしようと町村がツチノコブームに便乗し、ツチノコに賞金をかけていたりもしていたそうですから、ブームの大きさが窺えます。

そのツチノコ。正体は何だったのでしょうか。
現在までツチノコが発見されることはなかったので、何かの見間違えと思われますが、一体何を見間違えたのでしょう。

いくつか候補が挙げられます。


まずはヒメハブ。
ヒメハブ
画像はWikipediaより
奄美群島、沖縄諸島に分布。

コモンデスアダー
CSIRO_ScienceImage_3990_Death_Adder.jpg
画像はWikipediaより
オーストラリアに分布。

ニシアオジタトカゲ
Tiliqua_occipitalis.jpg
画像はWikipediaより
インドネシア、オーストラリア、パプアニューギニアに分布。
アオジタトカゲ、これが一番ツチノコの特徴を捉えてませんか!?


と言っても、このツチノコ。
ルーツを辿れば江戸時代以前に遡るので、近年持ち込まれた外国の蛇や一部の島の固有種ではないかもしれません。

古くは野槌(のづち)と呼ばれていました。地方ごとに呼び名があって、バチ蛇、ツトッコ、五八寸、俵蛇、コロ蛇、ドテンコなんて呼ばれてたりもします。共通するのは胴体が短いこと。

鳥取県の三朝(みさき)町には「槌転び」という妖怪の話が伝わっています。槌とは現代で言うところのハンマーで、柄のないハンマー状のものがコロコロ転がって、人間に噛みついたと言われています。『怪しくゆかいな妖怪穴・村上健司』より

ツチノコを漢字で書くと槌の子。野槌からきています。

さてそうなると、私たちのご先祖が見ていた野槌とは何だったのでしょうか。
皆さんはどう思います?


私は生物としての蛇なんていなかったんじゃないかと思います。小動物を丸のみにした蛇を野槌と誤認することはあっても、蛇そのものはいなかった。

野槌は山の精霊とされていて、元々は蛇の形でなかったかもしれません。江戸時代(1779年)の今昔画図続百鬼(こんじゃくがずぞくひゃっき)では、こんな姿で登場しています。

SekienNodzuchi.jpg
画像はWikipediaより

直径15センチ、体長1メートルほどで目鼻がなく口しかない。小動物や、ときには人間を襲って食べる。
この特徴を現実の生物に当てはめようとすれば、蛇が適任だったので、いつしか野槌は蛇となり、イメージが固定化していったのではないかと私は考えています。

1712年に書かれた和漢三才図会(わかんさんさいずえ)では野槌蛇と「蛇」の文字が見られますが、1779年の今昔画図続百鬼で上記のように描かれていることから、江戸時代にはイメージにばらつきがあったことがわかります。


野槌の真相はわかりません。胴体の短い蛇がいたのかもしれないし、野槌のモデルになった別の生物が存在したのかもしれない。
各地に言い伝えがあるわけですからね。気になる人はその正体を追いかけてみてください。
そして何かわかったらぜひ教えてもらいたいです。


  1. 2017/09/08(金) 20:55:21|
  2. オカルト

オカルティストは屈しない(創作)

20140126-P1010481_TP_V.jpg

閑散とした商店街を歩いていると、前を歩いてくる男と肩がぶつかった。
私は無言のまま足を止めることもなかったのだが、

「あんた赤コワさんじゃないかい?」

えっと思って振り返ると、眼鏡をかけた細身の男が私を見ている。知らない顔だ。神経質そうな顔がどことなく大学教授を思わせた。

「やっぱりそうだ。あんたオカルティストの赤コワさんだ、見てるよ、あんたのブログ」

腑に落ちない。顔出しはしていないのだから。

「あんた、卑怯なやつだよ。謎や不思議に言及しながら肝心なところに話が及ぶと、自分はオカルティストだからと言って逃げる。それは結局、結論に責任をもてないからじゃないのか」
「どうしてそんなこと……あなたは?」
「俺かい? 俺は電磁気学を教えてるK大学の教授さ」
「大学教授……」

大学教授がどうして私のブログにケチをつけてくる? 接点がないはずだ。

「いいか、俺たち研究者はな、言葉に責任を持つ。いい加減なことは言わない。それにひきかえ、あんたらオカルティストは何だ? すぐ超常現象だの、宇宙人だのと結びつけて、論破されそうになったら自分はオカルティストだからと言って知らん振りだ。恥を知れ!」

言うなり男は拳を突き出してきた。拳が私のみぞおちにめり込む。ぐぼあ。間髪入れに男の蹴り。まともに受けた私の体は後ろへ大きく飛ばされ、ポリバケツに衝突した。バケツの中身がこぼれ、生ゴミが覆いかぶさる。ひどい臭いだ。

「ははは、いい姿になったじゃないか、赤コワ。だが俺たちの怒りはこんなもんじゃ収まらない」

と言って男が懐から取り出したものに戦慄する。拳銃だ。いや、ただの銃ではない。長すぎる銃身。しかもそれが二つに割れたこの形状は──ピンときた。相手が電磁気学の専門家ならばレールガンしかない。それしかない。

「電磁投射砲、レールガンってやつだ」
「やっぱりか。小型化は難しいと聞いてたけど……完成してたのか」

私は腹を押さえながら立ち上がった。

「防衛省の技研と共同で開発したのさ。さあ、今日限りブログをやめると言え、赤コワ」

銃口が私に向けられた。迷うことはなかった。ブログをやめなければ撃たれる。カッと開いた男の目は本気を物語っている。

「ブログをやめると言え、赤コワ!」

命には代えられない。「わかった、やめる」口に出そうとして、喉に引っかかりを覚える。それが自分にとってひどく辛い選択だと気づいたのだ。胸が苦しい。心が拒否していた。違う。オカルティストは恥知らずではない。

「……め……い」
「ん?」
「……めない」
「何?」
「ブログはやめない!」
「てめえ、赤コワ!」

ガションとレールガンが鳴った。何の音かわからないが安全装置が外れたのかもしれない。

「待って! 聞いてくれ、まずは聞いてくれ!」
「……」
「私も何度も怪しいオカルト関連の動画を見てオカルトティストはただのホラ吹きなんじゃないかと思った! でもわかったんだ! オカルトが探求への間口になってるかもしれないって!」
「……どういうことだ?」
「それがいかがわしいものや怪しいものだったとしても、人の関心を引くことが真相究明への原動力になり得るって!」
「そんな高尚なもんかよ、オカルトが!」
「アメリカの大統領候補がUFOの情報公開を公約にしたんだよ! どれだけの人間が関心を抱いているのか、あなたにもわかるはずだ! 世論そのものなんだよ、オカルトは! そこまで無意味なもんじゃない!」
「くっ……」

長いにらみ合いの末、男はレールガンを下げた。

「いいだろう、今回は見逃す。だが次はないと思え。赤コワ、あんた狙われてるからな」
「狙われてる? 誰に? 政府か」
「そんな末端じゃねぇよ。もっともっと上にいる本当にやばい連中にだ」

組織と聞いて、二つ三つ思い当たる。世界を裏から牛耳ってる団体のどれかだろう。あれか、あれか。謎を深追いして失踪してしまった先達は何人もいる。ついに私も危険人物にエントリーされてしまったということか。
男が立ち去った商店街は不気味なほど静まり返っている。遅れて押し寄せてきた恐怖に総毛立つ。私は逃げるようにその場を離れた。


という妄想でした。またこのパターンか。ここまで読んでくださった方、ありがとうございます。ありがとうございます。

  1. 2017/08/21(月) 23:18:46|
  2. オカルト

あなたは本当にオカルティストですか?(創作)

NIS582_saatabinideyou_TP_V.jpg

田舎の寂れた駅のホームを歩いていると、前を歩いてくる男と肩がぶつかった。
私は無言のまま足を止めることもなかったのだが、

「あんた赤コワさんじゃないかい?」

えっと思って振り返ると、リーマン風の男が私を見ている。知らない顔だ。濃い顔に似合わず、つぶらな瞳が印象的だった。

「やっぱりそうだ。あんたオカルティストの赤コワさんだ、見てるよ、あんたのブログ」

腑に落ちない。顔出しはしていないのだから。

「あんたさ、オカルティストを名乗ってるくせに、宇宙人もUMA、オーパーツも否定してるだろ。常識人ぶってさ」

そんなつもりはない。宇宙人は存在すると思っている。UMAやオーパーツだって証拠が出てくれば信用する。
だが呆気に取られてしまって言葉にならない。相手は見知らぬ男なのだ。

「あんたのような人にオカルティストを名乗ってほしくないね。他のオカルティストたちに失礼だ。もうブログはやめてくれ

黙っているつもりだったが、これにはカチンときた。私にだってオカルティストとしての自負がある。

「本当のオカルティストなら、なんでも鵜呑みにするんじゃなくて、怪しいものは疑ってかかるべきですよ。そうしてこそ、本物のUMAやオーパーツに辿り着けるってもんでしょ」

言葉が口をついて出た。
男はにやにやと笑う。何がおかしい。

「いいや、違うね。あんたは恐れているんだ。UMAやオーパーツを真面目に語れば、白い目で見られるから。人間性を疑われるから」
「ち、違う」
「昔のあんたは違った。持ち物が消えると妖精の仕業だと思い、人気のない路地の立てば異世界への扉が見つけられる気がしていた。幽霊を信じ、呪いを恐れていた。あらゆる場所に行ってUFOを見つけようとしていた。自分の姿を見せていたらUFOは出てこないと思って、電柱の影に潜んで空を窺っていた。輝いてたよ、あの頃のあんたは」

どうしてそんなことを知って……疑問が頭をかすめるが、それ以上に私は男のかもし出す不思議な雰囲気に呑まれていた。

「もう子どもじゃないんですよ、私は。そんなこと……」
「大人になったって言いたいのかい? 違うね、余計な知恵が身についちまったのさ。昔のあんたは常識よりも、怪しいものやうさんくさい話を信じていた。そっちのほうが楽しかったから」
「楽しいなんて……それが何になるんですか。願望よりも真実でしょう」
「そう、そうだな。オカルトには嘘が多くて、何度も何度もいい加減な話に関わってるうちに、あんたはそんな人間になっちまったんだな。あんたのせいじゃないのかもしれない」
「好き放題言って、あなたは誰なんですか」
「俺かい、俺は──」

ピカー! う。目を開けていられないほどの光が男から放たれていた。細くなった視界の先で、爬虫類のような風貌が形作られていく。まさか……そんな、まさか……。光が収まるとそこにレプティリアン(恐竜人間)がいた。私が信用してなかった存在の筆頭だ。

「信じないから見つけられなかったのさ、今まで……でもそう言うと、あんたは人間原理がどうとか言い出して、きっと納得しなかったんだろうな」
「信じる……信じるよ、だって目の前にいるんだから!」
「もう遅いね、ここでお別れだ。せいぜい常識の枠内の記事を書くんだな」
「待って! 私は、本当はっ! あああ、レプティリアーーーン! 行かないでくれー! 待ってー!」

膝をつく。レプティリアンは消えた。涙があふれてとまらない。私は間違っていたのか。レプティリアンを信じてあげられなかったから。これまでの記事内容が悔やまれる。もしレプティリアンと真摯に向き合えていたなら今頃は……。涙、ぼとーん、ぼとーん。鼻水ぶしゃあ。


という妄想を駅で男性とすれ違ったときにしました。こういうことが絶対にないとは言い切れない。言い切れないので、今までの自分を少しばかり戒めようと思いました。
頭に疑問符だけが残ってしまった人へ。最後まで読んでくれてありがとうございます。それで正解です。ごめんなさい。

  1. 2017/08/12(土) 00:27:58|
  2. オカルト

詳細求む、弾痕のある頭蓋骨!

Rhodesian_Man.jpg
画像はWikipediaより

1921年、アフリカ南部のイギリス植民地ローデシア(現ザンビア共和国)のブロークンヒル鉱山で、鉱山労働者が化石になった人間の頭蓋骨と手足の骨を地中から掘り出しました。年代測定の結果、この化石は30万年~12.5万年前に生息していた旧人で、国の名を取ってホモ・ローデシエンシスと名づけられました。

ローデシエンシスとはヒト属の一種で、現在ではホモ・ハイデルベルゲンシス(60万年~40万年前)と同一か亜種と見なされている。ハイデルベルゲンシスは大柄な種族で男性の身長はおよそ180センチ、体重は100キロもあり、石器を使って狩猟を行っていた。

そのローデシエンシス(以下ローデシア人)。

驚くべきことに頭蓋骨の左側面に、なめらかな円形状の穴が空いていたのです。
当時の石器──石槍や矢じりによってついた傷でないことは明らかでした。かといって死後、虫や獣によって開けられた穴とも違うようでした。

これはどういうことでしょう?

誰もが首をかしげるなか、この問いに答えた人たち(オカルティスト)がいました。
「この穴は弾痕である。銃で撃たれた痕にそっくりだ。文明化された人類が10万年以上も昔にタイムリープし、ローデンシア人を撃った。それか古代文明か宇宙人の仕業だろう」

確かに頭蓋骨左側面の穴は、銃の貫通した痕にそっくりでした。鑑定したベルリンの法医学者や銃死体を見なれている警察関係者も、弾痕に似ていると結論づけました。

この頭蓋骨は右側が破壊されているという話もあって、だとすれば左から入った弾が内部を壊して右から射出されたことになります。その画像も探してみましたが出てきませんでした。
『恐竜と人間は共存したのか・南山宏』という本に右頭部がすっぽり欠けた写真があったので、どこかにあるのかもしれません。

この謎の答えとして虫歯や歯周炎といった病理的な原因で穴が空いたという説明がなされることもあります。虫歯の感染症による内部からの破壊なのかもしれません。

虫歯の感染症が原因と考えたとしても、しかしまだ続きがあります。似た頭骨がもう一つあるのです。

skull4.jpg
オーロックスの頭骨。画像はINQUISITRより

旧ソ連の構成国の一つだったアルメニアのレナ川付近で数万年前の地層からオーロックス(牛の祖先)の雄の頭骨が掘り出されました。

この頭骨にもなめられかな円形の穴が空いていました。
虫歯によってこの位置に穴が空くことはありません。この穴は治っていた形跡があるので、このオーロックスは傷では死ななかったことがわかっています。

これ、何が原因でしょう。これも何かの感染症でしょうか。
情報が少なくどうにもお手上げです。何か知っている方がいたら連絡ください。お待ちしています。

  1. 2017/08/11(金) 00:07:16|
  2. オカルト
次のページ