色778

不思議なものを追いかける/らせんの宿、phantom twins、小人戦記ザキ/DMM TELLER様あの晴れた日の向こうで

情報量

離れの浴室の壁が壊れることに気づかなかったり(ver1.06でわかりやすく修正しました)、紫の地面から出てくる赤おばさんに接触されてゲームオーバーなってしまうプレイヤーさんが多いような……?
離れ浴室の壁は化粧室前の部屋のメモに書いてあるし、紫の地面から出てくる赤おばさんはパンフレットに注意と書いてある。にもかかわらず、なぜ……と考えてて、その理由がわかった(/_;)
諸々の与えられる情報が多すぎるために、離れの壁のことやパンフレットのことを忘れてしまう。
世界観を語る人物や幽霊やメモの情報が多すぎるために、それらに紛れて、次の場所へ進むためのヒントまでもが埋もれてしまう。特にパンフレットのほうは、最初に読んだときと紫の地面が出てくるまでの間に、かなり時間の開きがあるせいで、記憶しておくのが難しい。作ってる側からすれば、攻略法を残したつもりになってるけど、謎解きを考えたときのその位置がよろしくない。
取り急ぎ、浴室の壁だけはすぐわかるように直してみたけど、他の場所も直す必要があるのかも。
進行を阻害する要素はできるだけ取り払って、テンポよく進められる形に持って行きたい。進行ルートとは関係のない場所に演出、イベント等も増やしたい。秘密基地のサクラのような。進め方によっては見られなくなる演出で、後半の離れでテレビのメッセージが流れる前に、先にカケルと会話した場合のみ出てくる赤おばさんがいるんだけど、あれは見てもらえてるかなぁ。上から「ふははは」ってな笑い声と共に出てくる若干シュールな赤おばさん。キノコっぽい。気に入ってる。
  1. 2015/01/13(火) 00:45:35|
  2. らせんの宿