色778

不思議なものを追いかける/らせんの宿、phantom twins、小人戦記ザキ/DMM TELLER様あの晴れた日の向こうで

レビュー

とあるフリゲ作者さんが、らせんの宿をプレイしてくれたようで、長いゲームをお疲れ様でした。

テストプレイもそうですが、自分で作ったゲームを何度も何度もプレイ(石英さんお疲れ様でした)してると、脳のどこかがマヒしてしまうのか、ゲームの問題点も何もわからなくなってしまいます。
一週間ほど経って見返したとき、やばい! と気づいたり叫んだり、プレイヤーさんから感想等のお便りで教えてもらったりと、色々です。

私は絵が描けないので、らせんの宿で遊んでくれた方の中には、無理してるなと勘付いた方もいるのではないかと思います。それはそれとして、絵を描いてる最中、自分では会心の出来だと思っていても、後から見返したとき、おかしな点に気づいたり、思ったほどうまく描けてなかったりということがあります。そうした経験、わかるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ちょっと違うかもしれませんが、深夜、音楽を聞きつつ感極まって、泣きながら詩を作り、「いつか訪れるその日のためにこれを辞世の句に転用しよう」と思うほど満足して寝たら、翌日見返して、赤面したりとそういうことがあります。(ありますよね? あるはず)
素晴らしい映画を見て感動し、その余韻を引きずるようにして何かを作ったら、ひどい出来だったり、そういうことが、そういうことが人にはあります。ゲームを作ってる最中にもあります。後から気づきます。

前置きが長くなりましたが、プレイヤーさんからいただける感想とはまた別に、フリゲ作者さんのレビューも勉強になります。作り手側の視点だから、すごくよくわかる。やっぱり、その辺りは問題だったな、と納得してしまったり、そこはちゃんと意味が、意味があってーと縋るように手を伸ばしてみたくなったり、だけど作り方に問題があったのは確かだからと思ったり。やっぱり何作もゲームを作ってる方のレビューは、要部分の良し悪しを抑えてて、すごいですね。
  1. 2015/01/24(土) 19:42:59|
  2. らせんの宿