色778

不思議なものを追いかける/らせんの宿、phantom twins、小人戦記ザキ/DMM TELLER様あの晴れた日の向こうで

夏山での遭難「トムラウシ山遭難事故」

Yamasha5010016_TP_V.jpg

トムラウシ山遭難事故

2009年7月16日、早朝から夕方にかけて北海道大雪山系トムラウシ山が悪天候に見舞われ、ツアーガイドを含む登山者8名が低体温症で死亡した事故。

ちょうど8年前の今日。
真夏日にもかかわらず多くの方が低体温症にかかり、その恐ろしさを世に知らしめた事件。


以下の流れはウィキから抜粋、一部改変。

7月14日、パーティ18名は旭岳ロープウェー姿見駅を出発し、白雲岳避難小屋に宿泊。夜から雨が降り始めたものの、この日は晴れていた。

7月15日、予報で寒冷前線が通過することがわかっていながら、出発。天候は朝から大雨。全員雨具を着用し、16キロの道のりを歩きヒサゴ沼避難小屋に到着。
小屋の中は雨漏りだらけで濡れた装備を乾かすこともできず、ずぶ濡れの寝袋に包まって横になった。展望もない登山で泥道を長時間歩いたため、皆疲労困憊していた。

7月16日、強風に吹かれながら川を渡り、多くの人がずぶ濡れになった。客の一人を支えていたサブガイドも全身ずぶ濡れになった。
(ガイドは、添乗員を兼ねたガイドリーダー、メインガイド、サブガイドの3人がいる)

女性の一人が低体温症のために歩行困難となり、その介助のために強風のなか全員がその場に1時間待機させられた。
その後、簡易テントを設営し、女性とガイドリーダーを残し、一向は先に進む。
しかしその後、歩けなくなる者が続出し、北沼付近で再び緊急野営。メインガイドとツアー客4名を残し、サブガイドとツアー客10名の計11名が先に進む。

サブガイドは遅れた人を待つことなく進んだので列が伸びきって全員がバラバラとなる。
サブガイドが途中で動けなくなり、後ろをついてきた女性客と男性客がそのまま下山。(このとき女性が最初の110番通報)後続していた8名のうち3名も自力下山。

メインガイドの野営地では女性2人の脈拍が停止。メインガイドが引き返し、ガイドリーダーと女性一人も絶望的な状況であることを確認する。メインガイドが会社にメール。

残った7名のうちガイドリーダーを含めた4名が亡くなる。
下山していた11名のうち4名が亡くなる。

事故の要因・背景はウィキで。

この事件、ガイド3名はそれぞれ登山経験者だったが、トムラウシ山の登山経験があったのはメインガイドの一人だけで、3人は現地で初めて顔を合わせたようです。
登山の前、ガイドリーダーとサブガイドの2人は、このツアーが危ないという自覚があったが、社の方針には口出しできなかった(ガイドの雇用形態は一回ごとの契約で雇用保険はなし)。
ガイドの判断ミスがあったのは確かだけど、立場を考えれば、選択の余地がなかったところもあるように思う。

今でも毎年のように色んなツアーのトラブルが相次いで報道されますが、私は山だけは特に気をつけたほうがいいと思う。
入念な準備をして、あらゆる角度から計画を見直して、信頼できる人と組んで、それでも危ないのが山だと思う。寒冷前線が長い間留まるなど、山は気象も気候もあらゆるものが平地とは異なっていて、慣れている人でも想像だにしないことが起こる。
昔の人は山を恐れたけど、山は異界ぐらいに思ったほうがいい。オーバーな表現でもないと思う。


YAM__DSC1431_TP_V.jpg

低体温症について

体温が35℃以下になった病態。疲労との関係が深く、トムラウシ山遭難事故でもヒサゴ沼避難小屋でしっかり食べる、休むなどできていなかったことが後の悲劇につながっていく。
加えて翌日、水に濡れた状態で、暴風に晒されたために一向は急激に体温を奪われていった。

(気温6℃、風速15メートルで体感温度は-10℃、事件当日の気象条件はこれ以下だった言われている)

低体温症は夏でも起こり得る

夏の山で起こった症状であるように、気温の低下だけが低体温症につながるとは言えない。マラソンのランナーが汗と疲労によって低体温症になった例もあるし、赤ん坊が濡れたままのオムツを変えなかったことで死亡した例もある。
また体温が下がると正常な判断ができなくなるので、携帯を持っているのにそれに思い至らないということにもなりかねない。
最後に亡くなられた方のご冥福をお祈りします。

参考『トムラウシ山遭難はなぜ起きたのか』

私がこの事件から得た山の教訓は。

・ツアー会社をよく調べる。
・複数人での登山はリスクのある行為と考えておく。(色んな人がいる)
山のプロでも、会社には逆らえないかもしれない。
・ガイド任せにせず、エスケープルートを自分でも把握しておく。
・しっかり食べる、休む。
・雨対策をしっかり。
・そもそも登山に行かないのもあり。

  1. 2017/07/16(日) 18:27:23|
  2. 映画・小説レビュー