色778

不思議なものを追いかける/らせんの宿、phantom twins、小人戦記ザキ/DMM TELLER様あの晴れた日の向こうで

私らはみんな洗脳されているのかもしれない

堀江貴文さんの著書「多動力」の影響で、ツイッターを見ていると、洗脳という言葉をよく見かける。(もちろんフォローしているからだよ)
旧態依然としたシステムからの脱却という意味で、洗脳が解けましたと言うリツイートが流れてくる。

洗脳か。
洗脳というと私は日本が敗北したあの戦争のことを思い出すな。

戦後、あの時代の人々は洗脳されていたと、戦中戦後を生きた人は語るけれど、その昭和の世代も現代から見ればやっぱり洗脳を受けていたように映る。

事件で言えば相手が発砲してきても警官は警棒で対処せざるを得なかったり、民間の旅客機が乗っ取られたら日本政府が犯人の要求に応じたり。

犯人も含めて人権が最大限に尊重されていた。
それはしょうがない面もあって、戦中があまりにも人権がないがしろにされていたその反動でもあったからだけど。

サブカル面ではこの時代のものは、地球の平和を訴えてるものが多い。それも背景にあるのは米ソの冷戦でいつ核が使われるかという恐怖が根底にあったからだ。

冷戦が終結しても、その気風は長い間、グローバリズムと絡んで人類普遍の価値であるかのように語られたけれど、昨今になって現実とのギャップから歪(ひずみ)が生まれている。

私は何が良いのかは言わないけど、次の時代は現代をどう評価するのかな、と思ったりはする。
広い意味では、みんな時代感覚に洗脳されていて、時代を主導したほうの力が過去を処断することには違いない。

50年ぐらい経ったとき、小学生ぐらい子が私を見て「あ、最適化されていない世代のおじいちゃんだ!」なんてことを言うのかな。「ちゃんとAIの言うことを聞きなさい!」とか。うひー、おっそろしい!

KENTA_sapurazukita-_TP_V.jpg
オカルトの時代がきたーってなるといいね。

  1. 2017/07/18(火) 21:18:02|
  2. 雑記