色778

不思議なものを追いかける/らせんの宿、phantom twins、小人戦記ザキ/DMM TELLER様あの晴れた日の向こうで

村はそうして存続してきた「破船」

KAWAMURAIMG_0566_TP_V.jpg

破船(吉村昭)

これは辛い。
終盤のやりきれなさは言葉にならない。

このカテゴリでは史実に基づいたお話のみ取り上げるつもりでしたが、この「破線」は小説でした。読んだ後で気がつきました。でも、小説で扱っているような話は日本にいくらでもありました。※寄船

あらすじ

貧しい漁村が舞台で、人々は漁で生活の糧を得ながらほそぼそと暮らしていた。
その年の漁が思わしくなければ人々はすぐにでも飢え、小さい子どもなどは簡単に命を落とす。
そんな暮らしのなかで人々が心の支えにしていたのが「お船様」と呼ばれる風習だった。

「お船様」というのは、冬場の荒れた海の夜に浜辺で煙を起こし、人家があると思って近づいてきた商船を座礁させて、積荷を奪うという村の風習。

僻地の漁村はこの「お船様」によってかろうじて支えられていた。
「お船様」がこない年には、飢えから逃れるために家族の誰かを年季奉公に出さなければならず、10年も年季奉公に出せば若い娘は婚期を逃し、貰い手をなくす。また奉公は過酷で、生きて帰れない者も大勢いた。

そんな暮らしだったから、「お船様」が来た年にはそれこそ村人は涙を流して抱き合った。
彼らにとって「お船様」は文字通り神様であり、海からの贈り物だった。

だがある年にやってきた「お船様」は漂流船で、中の人々は死に絶えていた。骸は一様に赤い着物を着ていて、それらを奪い分配した村に悲劇が訪れる……。


小説の裏表紙にはもっと短いあらすじで、赤い着物を分配したことで悲劇に見舞われると書かれているのですが、その話が出てくるのが物語の終盤。内容の7割は漁村の暮らしが描かれています。
だからといって退屈なわけではなく、巧みな筆致によって浮かび上がるような漁村の情景が広がり、どんどん引き込まれます。
漁村の荒々しさや、そこで生きる人々のしたたかさ、過酷さなど魅了されました。

ページ数も220ページと短め(新潮文庫)なので、お手軽な部類。

感想。

ややもすれば私らは習俗や風習といったものを軽く考えがちだけど、祖先の生活はそういったものに長年支えられてきたんだな、と感じます。
貧しい集落であるほど、したたかな信仰と厳格な掟に依らなければ存続できない。
「破船」の終わりは悲劇的でしたが、漁村の存続という一点においては比類のない力に満ちたお話です。

赤い衣を着ていた骸たちは疱瘡に覆われていて、それを剥ぎ取り、分配しだしたところで、やばいと思いながらページをめくってましたが、案の定の展開でした。

終盤の描写は少々きつく万人向けではないけれど吉村昭さんの小説が好きならオススメ。個人的には好きです。

  1. 2017/07/20(木) 20:23:00|
  2. 映画・小説レビュー