色778

不思議なものを追いかける/らせんの宿、phantom twins、小人戦記ザキ/DMM TELLER様あの晴れた日の向こうで

本能寺の変の謎!黒幕説vs光秀単独犯行説!

歴史の謎について書くなら避けては通れない、戦国時代のどんでん返し、本能寺の変です。
織田信長の配下だった明智光秀はなぜ謀反を起こしたのか。

Honnoj_Yakiuchi.jpg
画像はWikipediaより。

昔からその理由を説明する様々な説が唱えられているものの、これという説はありません。
歴史の転換点とも言えるダイナミックな出来事でもあり、私たちの心を捉えてやまない。
今回はオカルティストの想像で、本能寺の変を考えてみたいと思います。

諸説ある明智光秀の謀反ですが、おおざっぱに分ければその説は二つになります。
謀反を起こすよう光秀をそそのかした黒幕がいたのか、それとも光秀の単独犯行だったのか。前者を黒幕説、後者を単独犯行説とします。


まず黒幕説でよく挙がる人物。

羽柴秀吉
本能寺の変で誰が一番得をしたか、と考えれば候補に挙がるのは、その後織田軍を掌握することになる羽柴秀吉。中国大返しも速すぎる。秀吉が一枚噛んでるという設定は小説やドラマで見かけますが、それを裏づける史料がないことから、歴史学者でこの説を支持する人は少ないです。

徳川家康
黒幕説で秀吉よりも名前が挙がるのがこの人、徳川家康。
というのも信長と同時代を生きた宣教師のルイス・フロイスの記録や光秀の部下の証言(本城惣右衛門覚書)などから、光秀の部下たちは自分たちが戦う相手は家康だと思っていた節があります。実際に信長が光秀に家康の首を取れと言ったかどうかは別としても、そんな噂が当時流れていたとも考えられます。不穏な空気を感じていた家康が先手を打ち、万が一に備えて明智と結ぶ裏工作を進めていた、という話もあり得なくはない。
内容に違いはあれど家康と光秀を組ませると話が広がりやすいので、この説も小説、ドラマに多いです。

朝廷黒幕説
黒幕がいたとするなら、それは朝廷だったと考える説。数ある黒幕説のなかで、もっとも支持されている説です。
光秀は朝廷との調整役を担当していたので関わりも深い。朝廷の誰かと組んで信長を討ったという説はそれなりに信憑性があります。光秀と組んだ相手が朝廷の誰だったかは論者によって意見が分かれています。


次に光秀単独犯行説。

光秀の単独犯行だったと考える歴史学者はけっこう多いです。

代表的なのは、野望説、突発説、怨恨説の三つ。

野望説
天下取りの野望が光秀を突き動かしたとする説。信長と敵対する力はないが、チャンスがあれば天下が狙える立場にいた光秀は、本能寺で一世一代の賭けに出たとする考え方です。
私はこの説を推したいので、あとで触れます。

突発説
突発性は野望説に対する批判から生まれた説とも言われてます。

光秀が天下取りの野望に突き動かされて信長を討ったにしては、その後の光秀の行動が計画的とは言えず、深い思慮があったとは思えない。発作的にやってしまったのではないか、とする考え方です。

本能寺の変(6月2日)後、光秀は安土城に入ろうとするのも道中で橋を落とされ、3日間も立ち往生することになります。しょうがなく光秀は坂本城に入りますが、安土城と坂本城では世間に与えるインパクトが全く違う。信長の後釜を狙っていた光秀にとっては最初の誤算です。
この3日の間に光秀は積極的な手紙戦略を繰り出します。信長の主だった武将に味方になるよう呼びかけますが、何しろ10日後には戦となって敗れているので、どれほど効果があったのか不明です。
橋を直して安土城に入ったのが6月5日。それから秀吉の本拠地であった長浜城を落とし、9日には朝廷に献金し足場を固めようとしています。
そして光秀最大の誤算は、味方として当てにしていた細川藤孝、忠興、親子に見捨てられたことです。信長の死を聞いた細川親子はその死を悼んで断髪し、それを知った光秀は腹を立てつつも、軍事行動に加わるよう懇願する手紙を送っています。また謀反の理由について、娘の夫である細川忠興を取り立てたかったからだとも書いています。細川親子の決起を促すための方便と考えられますが、少なからず本音も混ざっていたかもしれません。


怨恨説
光秀が信長に恨みを抱いていたとする説。小説やドラマではしばしば信長と光秀の関係を、気性の激しい上司とそれに翻弄される部下という構図で描かれることがあります。信長の八つ当たりに耐えていた光秀は不満を溜めこみ、その怒りがついに爆発したとする考え方です。

光秀の内面の問題なので本当のところはどうだったかわかりません。光秀はどちらかといえば信長の信任を得ていたので、二人の関係は悪くなかったという反論もあります。

この仮説の根拠としてよく取りあげられるのは、小早川隆景宛の書状です。そこにははっきりと、「光秀こと、近年信長に対し、憤りを抱き、遺恨もだしがたく候」と書かれている。この書状が本物なら光秀謀反の理由は怨恨説で確定ですが、後世の偽書であるとする論者もいます。

もう一つ怨恨説を推す根拠となっているのがルイス・フロイスの日本史です。そこには本能寺の変の前、信長が光秀を怒鳴り散らしていた話が出てきます。ひょっとすると光秀は恨みを抱いていたのかもしれません。

Akechi_Mituhide2.jpg
明智光秀。画像はWikipediaより

定説はなく、いくつもの仮説がある光秀謀反の謎。
このなかで私は野望説を推したい。


親子でさえも明日には敵に回るかもしれない気のおけない時代。婚姻で一族の枠を広げていったとしても、根本的に頼れるものは自分しかなかったはずです。

戦国時代は光秀に限らず、あらゆる人物に野心がありました。国だけが争っていたのではなく、領主に仕える武将の間でもせめぎあいが起こっていた。力の空白を作れば一気に潰されねない競争のなか、一族を存続させるにはライバルを押しのけて勝ちきるしかありません。野心は当然持ち合わせていなければいけないものでした。

光秀の謀反を不思議に感じるのは私たちが結果を知っているからに他なりません。
時代を生きている者にとっては世の中など、どう転ぶかわからなかったし、明日は誰にも読めなかった。
信長の死後、天下を掌握した秀吉ですら、先のわかる安易な賭けばかりではなかったはずです。それこそ一つ一つの決断に自分の運命をかけていた。

光秀も同じでした。
歴史が結果が全てなので、光秀の行動は短絡的にも映りますが、光秀には信長を討つリスクが霞むほど天下を掌握する夢が大きく映ったのかもしれません。
誰にも見えない光秀の内面の問題であるからこそ、本能寺の変の謎は永久に解けないパズルなのかも、と私は思ったりします。


ここでルイス・フロイスの光秀人物評を見てみます。
光秀は、
・裏切り、密会を好む。
・刑を科すに残酷で独裁的
・自分を偽装するのがうまかった
・謀略を得意とする、忍耐力もある
・立ち回りがうまい
・信長によく贈り物をして喜ばせ、嘘泣きをすることもあった
・築城に造詣が深い

ひどい言われようです。フロイスの主観なので偏りはあるでしょうが当時の人物が評した一次史料でその価値は高いとされています。このフロイス評、鵜呑みにはできないですが的を得ているところもあるのではないでしょうか。

こうしてみると光秀はなかなか計算高く、政治家向きだった印象を受けます。短絡的な人とも思えない。
この性格なら当時としてはごくごく普通に持ち合わせていた野心によって突き動かされたとしても違和感がないように思えます。

人物評の厳しいフロイスですが、ポルトガルの宣教師だった彼の目に光秀が上記のように見えていたのだとしたら、光秀は案外周りの目を欺くのは下手だったのかも、と思ったりもしますが。

どうですか?
本能寺の前にした光秀の姿や、その後の光秀の焦りを思い浮かべると、激動の時代を生き抜こうとあがくひとりの人間浮かび上がってきたりしませんか?

皆さんも想像を楽しんでみてください。


参考『明智光秀と本能寺の変・小和田哲男』

  1. 2017/08/25(金) 06:29:46|
  2. 歴史の謎