色778

不思議なものを追いかける/らせんの宿、phantom twins

謎・なぜその話を思いついた「タンタンコロリン」

突然ですが皆さんは「柿の精霊」と言われたら、どんな姿を想像しますか?
柿らしくオレンジ色の服を着た小人でしょうか。フェアリーのように背中に羽のついた愛らしい姿でしょうか。

さて、今回は宮城県の仙台に伝わる妖怪タンタンコロリンです。

Sakaiminato_Mizuki_Shigeru_Road_Tankororin_Statue_1.jpg
タンタンコロリン。画像はWikipediaより

この姿は漫画家の水木しげる先生が想像した姿です。
柿の実が怒った顔のようにも見えますね。
妖怪の姿はその逸話からイメージされたものなので、怒りに相応しい恐ろしげなエピソードがあるのでしょうか?

佐々木喜善という人の「聴耳草紙」には、こんな話があります。

ある屋敷に豊かに実った柿の木があった。
屋敷で働く女はその甘そうな柿を食べたいと思っていたところ、夜中になって真っ赤な顔の大男がやってきた。
何事かと思っていると、大男は「俺の尻を串でほじくれ」と言ってくる。
女が恐る恐る尻をほじくると、今度は「それを舐めろ」と言ってくる。
しかたなく舐めると、なんと甘い柿の味がした! という話です。


すごく汚いです。

PPG_kininarukaki_TP_V.jpg

水木先生が憤怒の形相で描いたのは、強制してくる妖怪だから強面でなければ務まらないと考えたのでしょうか。

それにしたって、どうしてこんな話が伝わってきたのでしょう。
実った柿は腐る前にさっさと食べなさいという教えでしょうか。
にしても、もうちょっと他に話の作りようがあったんじゃないかと思います。

と書いていて、はっとしました。思い出したのです。昔、Yahoo知恵袋で「お尻に乾電池が入って取れなくなった」という悩みが異常に盛り上がっていたのを。(検索すれば出てくると思います)
お尻から始まる幸せや不幸に私たちは老若男女を問わず魅せられるのかもしれない。
このセンスは昔も今も共通してるのかも?


  1. 2017/09/06(水) 21:27:58|
  2. 妖怪